転職に役立つ学習|宅建は通信講座で学ぼう|脱サラしたいなら今

宅建は通信講座で学ぼう|脱サラしたいなら今

メンズ

転職に役立つ学習

男女

学校卒業以外の方法

保育士になるためには資格を取得しなければなりませんが、通信教育でもその可能性があります。一般的な資格取得には、専門の学校を卒業した場合と、学校を卒業していなくても保育士の資格試験を受けていく方法とにわかれます。そのため、専門の学校へ進学しなかった人でも、保育士を目指せる可能性が十分にあるのです。この通信教育では、資格試験に必要な教材が送られてきて、それをもとに勉強をしていきます。わからないことがあれば問い合わせることもでき、採点をしてくれる場合もあります。通信教育の魅力は、自分のペースで勉強ができるところです。他の仕事をしている人には好きな時間帯で勉強ができ、計画的なスケジュールで無理なく進めていくことができます。保育士のニーズが高まってきたこともあり、社会人で保育士に転職する人も増えています。その後押しとなるのが通信教育でもあるので、資格取得のために役立ってくれます。

試験内容に合わせた学習

保育士の資格試験は、筆記と実技にわかれています。通信教育では主に筆記試験を対象としていますが、実技についてもある程度はポイントが教えられています。実技は絵本の読み聞かせやピアノなどがあり、試験を受ける前は練習をしておく必要があります。実技に関しては通信で詳しく習うというわけにはいかないため、どのような課題が出るのかを把握して練習するのみとなります。筆記試験に関しては、9科目が実施されます。その全教科が6割以上の合格点に達していれば実技試験に進みます。つまり、100%完璧な点数でなくても、6割以上の点数から合格ラインとなるのです。通信教育を行うところによっては、この合格ラインを意識した学習を行うところもあります。資格取得のためには、通信講座の内容によっても左右されてしまいます。できれば毎年多くの合格者を出している実績のあるところを選ぶようにし、実技試験に関してもアドバイスされているものがいいでしょう。

Copyright© 2015 宅建は通信講座で学ぼう|脱サラしたいなら今All Rights Reserved.