介護の職業を目指すには|宅建は通信講座で学ぼう|脱サラしたいなら今

宅建は通信講座で学ぼう|脱サラしたいなら今

メンズ

介護の職業を目指すには

介護

資格取得のための講座

介護福祉士は、現代の高齢化社会の中で介護を担ってくれる人材として最も求められています。介護を必要とする人のお世話を行ってくれるため、いろいろな意味で負担を減らしていくことができます。介護を必要とする人が増え続ける一方、人材不足の現状が問題視されています。しかし介護福祉士を始めとした福祉を学ぶ学校が増え続けているので、将来的な人材育成に役立っています。この介護福祉士になるためには、専門学校の課程を終えて卒業する場合と、実務経験を得て資格取得を行う場合にわかれます。介護福祉士に転職する場合は、資格取得に向けた学習を選択する人が多いです。そういった場合の学習方法は、通学または通信の講座で学べるようになっています。学習期間は講座によって違いがあり、働きながらでも無理なく勉強していくこともできます。通学の講座は事前に受講者の募集開始時期やスケジュールを確認しながら、計画的に受けていくといいでしょう。

実務経験が必要

介護福祉士は国家資格となり、専門の学校を卒業していない人はこの資格試験に合格すれば介護福祉士として認められます。試験内容は筆記と実技にわかれており、毎年の合格率は約6割となっています。しかし、介護福祉士になるにはこのような資格試験に合格すればいいだけでなく、介護現場での実務経験が求められます。それは実務経験が3年以上、または実務者研修最大450時間を得て終了と認定されます。これが受験資格となるので、この条件を満たしていなければ資格の受験はできません。そのため、講座を受けていく場合は介護の仕事をしながら学習に取り組む体制が必要とされます。仕事の支障が出ない程度に学んでいく必要があり、自分に合った講座を選択していくことも大事です。講座に関する情報は、自治体やネットを通して知ることができるので、上手に探していかなければいけません。

Copyright© 2015 宅建は通信講座で学ぼう|脱サラしたいなら今All Rights Reserved.